HOME-TOP > 基礎知識 > 副交感神経を優位にする方法!

副交感神経を優位にするには?

 
副交感神経を優位にするには?

高血圧の人は、自律神経のバランスが悪く、交感神経が刺激されて血圧が高くなる傾向があります。

なので副交感神経を優位にして、自律神経の乱れを改善させなければいけません。

そこで、このページでは・・・

交感神経が優位になる原因について!

副交感神経を優位にする方法とは?

こんな性格の人は注意した方がいい?
これらについて詳しく解説させていただきますので、血圧が高いと悩んでいる人は参考にしてください。


交感神経が優位になる原因について!


そもそも、なんで交感神経が優位になってしまうのか気になりますよね。

これにはいつか原因があると言われています。

具体的には・・・

・ストレスを受けた時やイライラしている時
・人間関係などのトラブルがある時
・激しい運動をしている時
・興奮したり緊張している時
・恐怖感や危機感がある時
このような場合に交感神経が優位になると言います。

先ず、人間なら誰でもストレスはありますが、ちょっとした事でも実は、ストレスを受けますし、イライラすることもあります。

実は、そんな時は自律神経が乱れているんですね。

人間関係で上手くいっていない時や仕事でトラブルがある時なども、ストレスを受けるので交感神経が優位になってしまいます。

また、運動している時も一時的に交感神経が優位になり、血圧は高くなりますが、しばらく休むと徐々に自律神経のバランスも整い、それで血圧は下がっていきます。

また、興奮している時や恐怖感がある時、危機感がある時も交感神経が優位になると言われていますので注意が必要です。

ですので、血圧が高く、ストレスやイライラ、トラブルが多いよう人は、気をつけなければいけません。


副交感神経を優位にする方法とは?


では、高血圧対策のために副交感神経を優位にするにはどうすればいいのか?

意外と簡単に対策できるので、以下の方法を試してみてください。


呼吸法について!


一番簡単な方法としては、呼吸法があります。

椅子に座った上体で目をつぶり深呼吸を何回か行ってみてください。

これを行うだけでも、副交感神経を優位にできますし、血圧も下がります。

仕事のちょっとした合間にもできるので、ストレスが溜まっている時やイライラしているような時に試してください。


お風呂に入る!


お風呂に入る行為も効果があると言われています。

入浴をシャワーだけで済ませる人もいますが、そうではなく、しっかり湯船に浸かることがポイントです。

また、温度ですが、熱すぎはいけませんので、40度ぐらいがいいと思います。


質の良い睡眠をとる!


睡眠不足や質の悪い睡眠の人は、イライラする事が多いので自律神経が乱れ血圧も高くなりがちです。

夜はいつまでも起きていないで次の日に控えて早めに休むことが大事です。

なるべく早寝早起きをする習慣をつけるようにしましょう。


軽めの運動やストレッチを行う!


副交感神経を優位させるには軽めの運動やストレッチも効果的です。

具体的には、軽めのウォーキングもいいですし、背伸びをするだけでも自律神経の乱れも改善されると言います。

ですので、職場でイライラした時は、背伸びをするといいかもしれませんね。


笑う・泣く


副交感神経を優位にするには、泣いたり渡ったりすることも効果があります。

ですので、仲の良い人達と会話を楽しむのもいいですし、悲しい映画を見て泣くのも良いと言われています。


このように副交感神経を優位にする方法も色々あるので、ストレスが溜まっている時やイライラしているような時は、自分に合う方法を取り入れるようにしてみてください。


こんな性格の人は注意した方がいい?


交感神経が優位になりやすい人の性格もあります。

例えば、完璧主義な人や責任感が強い人や真面目な人。

このような人は、どうしてもストレスが溜まることが多いですし、自分の思うようにいかない場合は、イライラしてしまいがちです。

ですので、血圧が高いと分かっているなら、穏やかな性格を送るように心がけてください。

時には力を抜いて仕事をすることも大事ですので、休む時は、仕事の事を忘れてゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか?

また、仕事中にイライラしたら、上記で紹介した呼吸法を行ったり、背伸びをしたりして対策してください。

血圧を下げるためにも、副交感神経を優位させるようにしましょう。