HOME-TOP > 基礎知識 > 高血圧は遺伝する?

両親が高血圧の場合は遺伝する?

 


ある程度の年齢になると健康診断で高血圧と指摘される人も多くいます。

生活習慣も問題はないので自分は大丈夫と思っていても、いざ血圧を測ってみたら高くて驚いたなんて人もいるでしょう。

そんな場合は、もしかしたら両親が高血圧になっている可能性があります。

これは、所謂、遺伝というものですが、両親の血圧が高い場合、子供に遺伝する可能性があるといいます。

これまで、健康に関心がなかった人もいるでしょう。

そこで、ここでは、高血圧遺伝の関係について解説しています。

どのぐらいの確立で高血圧は遺伝するのか?

遺伝の場合、血圧を下げる方法はあるのか?


これらについて解説していますので、自分の血圧に不安のある方は、参考にしてみてください。


どのぐらいの確立で遺伝するもの?


高血圧はどのぐらいの確立で遺伝するのでしょうか?

具体的には・・・

父・母ともに高血圧の場合 50%
片親が高血圧の場合 30%
父・母ともに正常の場合 15%


このような確率と言われています。

ですので、父・母ともに高血圧の場合は、高い確率で高血圧になると考えられます。

しかし、なぜ高血圧は遺伝してしまうのか?

1つの考え方としては、両親と同じような塩分の多い食事を子供頃からずっと食べていたのがあるかもしれません。

自分の家庭では、それが普通の味と思っていても、実は、濃い味付けになっていたなんてことはあります。

それが長年続けば、高血圧になる可能性もあるでしょう。

また、「アンジオテンシノーゲン」と言う遺伝が血圧を高くすると考えられています。

アンジオテンシノーゲンという遺伝子を持つ人が、過剰に塩分を摂ると高血圧になりやすいんだそうです。

それに両親が太っていれば、その子供も太りやすくなります。

やはり、これは、食べ過ぎや運動不足などが大きく関係しているでしょう。

ですので、血圧を下げるためにも、食事や運動などの生活習慣を見直すことが大事です。


血圧を下げる方法は?


では、遺伝からくる高血圧ですが、どのような対策をすればいいのか?

何か特別な血圧を下げる方法と言うのはあるでしょうか?

これは、基本的には、普通の高血圧対策と変わりはありません。

要するに・・・

食事の見直しを行う

運動不足を解消する

ストレスを溜めない

睡眠の質をあげる

アルコールは程々にする
など、これらのことが大事です。

食事に関して言えば、栄養バランスを考えた食事にして、食べ過ぎには注意してください。

なるべく腹七分目で抑えておくのが健康を保つためには重要です。

また、運動不足が続く方も注意してください。

血流改善させるためにも、日頃からウォーキングやジョギング等の有酸素運動を行いましょう。

他にもストレスを溜めず、しっかりと睡眠を取ることも大切ですし、アルコールの飲み過ぎも注意してください。

血圧を下げる方法としては、これらを見直すこと大事です。

遺伝だからと仕方がないと諦めないで、高血圧の予防と改善のために生活習慣を見直しましょう。

あわせて読みたい記事
血圧の正しい測り方について!
お酢で血圧が下がる?
ふくらはぎマッサージで血圧が下がる?