HOME-TOP > 基礎知識 > ストレスがいけない理由とは?

過度なストレスを溜めてはいけない?

 
ストレスを抱えている男性

高血圧の原因として考えられている1つには、ストレスがあります。

人間なら誰でもストレスは抱えているでしょう。

しかし、仕事や人間関係など、過度に溜めるのは注意した方いいです。

ここでは・・・

ストレスが溜まるとなぜ血圧が高くなる理由について!

ストレス度チェックについて!

ストレスを解消させる具体的な対策について!
これらについて解説しています。

高血圧で普段からストレスが溜まっているような方は、参考にしてみてください。


ストレスが溜まるとなぜ血圧が高くなる理由について!


そもそも、ストレスを受ける時ってどんな時なのでしょう。

実は、普通に生活をしていても、ちょっとした事でストレスを受けてしまいます。

例えば・・・

上司に怒られた

仕事を言い渡された

早く帰りたいけど残業になってしまった

満員電車に乗っている時

人間関係が悪化した時
などなど。

挙げればきりがありませんが、人間が生きている以上、普通にストレスは受けるものと思ってください。

では、なんでストレスを溜めると高血圧になってしまうのか?

その原因としては、自律神経の乱れが考えられます。

自律神経には、交感神経と副交感神経があるのですが、そのバランスが崩れてしまい交感神経が活発となってしまいます。

交感神経 緊張している時
ストレスを受けている時
副交感神経 リラックスしている時
落ち着いている時


自律神経の乱れと言うのは、高血圧だけでなく、体調を崩す人もいますし、うつ病などを発症させることもありますので注意が必要になります。

高血圧の人は、ストレスをなくし、副交感神経を優位にさせ、自律神経を整えることが大事です。


ストレス度チェック!



先ずは、自分がどれだけストレスが溜まっているのか確認しましょう。

特にこんな人は要注意です。

いつも仕事が忙しい

体が疲れている

なかなか休みが取れない

寝る時間が不規則

朝起きれない

責任感が強い

まじめといわれる

自分の時間がないと感じる

イライラすることが多い

緊張やあせりを感じる

会社を辞めたいと思う

アルコールを飲みすぎてしまう

タバコを吸っている

自分でも無理をしていると思う

会話が少ない

最近、楽しくないと感じる

笑いが少ないと思う
これらの項目で該当するのが多ければ多いほどストレスが溜まっていると言えます。

ですので、血圧を下げるためにもストレス対策を行い、解消させるようにしてください。


具体的な対策について!


ストレスを解消させるにはいくつか方法があります。

例えば・・・

体を休める

適度な運動をする

不規則な生活はしない

趣味を楽しむ

人と楽しい会話をして笑う


などです。

もし、時間があるのであれば、体を休めることを考えてください。

質の良い睡眠と取ることで体調も回復されて、心も体もリセットされるでしょう。

運動不足が続いているようなら、血圧を下げると言う意味でもウォーキングなどの有酸素運動を行ってください。

もちろん、不規則な生活をしていると、体調を崩しやすくなるので注意が必要です。

ストレスを解消させるためにも趣味を楽しむのもいいでしょう。

また、人と楽しい会話を楽しんで笑うのもいいと思います。

ちなみに、作り笑いをするだけでも、自律神経の乱れが改善するといいますので、無表情でいるのではなく笑顔を意識するといいかもしれませんね。

あと、ストレス解消の為にアルコールに走る人がいますが、これは逆効果です。

飲みすぎてしまえば、高血圧の原因にもなりますからね。


ですのでお酒は程よく飲むようにしてください。

普段から上記の事を気をつけていれば、多少ストレスを受けても大丈夫な体になるはずですし、血圧も下がるかもしれません。

血圧を下げると言う意味でも上手にストレスと付き合うようにしましょう。

あわせて読みたい記事
血圧の上と下の差が大きいと危険?
高血圧の人はカリウムを積極的に摂ることが大事!
かかと上げ運動で高血圧対策しよう!