HOME-TOP > 基礎知識 > 立小便で血圧は高くなる?座り小便がいい?

トイレで倒れることもある?

 
血圧を下げる方法で悩む男性の画像

立小便で血圧は高くなるのでしょうか?

高血圧の人は、日頃から注意しなければいけないことがあります。

特に、急激に血圧が変化すると倒れたリするので注意が必要です。

家の中では、トイレが事故を起こしやすいので気をつけてください。

なぜ、トイレで事故が起きやすいのか?

その理由には・・・

寒い季節

男性は立小便


この2つが危険とされています。

先ず、寒い季節は、温度差に気をつける必要があります。

温かい部屋から、寒いトイレに入ることで、血圧は急上昇してしまいます。

血圧を下げる方法としては、温度差をなくすことが大事ですので、簡易ヒーターなどを用意するのもいいでしょう。


次に、男性の場合ですが、実は、立小便が血圧を高くするといいます。


立小便で血圧が高くなる理由とは?


トイレの画像
血圧を下げる方法とは?

では、なんで立小便をすることで血圧が高くなるでしょうか?

それは、立った姿勢で用を足すと勢いをつけて小水を飛ばす必要があり、腹部に圧力がかかるためです。

腹部に圧力がかかると一気に血圧が高くなってしまいます。


これが、立小便で血圧が高くなる原因です。

特に小便をずっと我慢していた時に立小便をするとより腹部に圧力がかかるので気をつけた方がいいかもしれません。

では、逆に座り小便の時はどうなのか?

この場合、腹部に圧力はかかりませんので、血圧が急上昇することはありません。

また、座り小便は、膀胱や前立腺にも優しいとも言われています。

ですので、トイレで倒れない為にも座り小便に変えてみてはいかがでしょうか?


立小便のメリット・デメリット


男性の方なら、座り小便なんて絶対嫌だと言う人もいるでしょう。

立小便のメリットとしては、「手軽さ」や「男らしい」などがあります。

座り小便の時と違って、ズボンのチャックを下げるだけでいいので手軽ですよね。

また、あえて言うなら男らしいところでしょうか。

では、血圧を高くするの他にデメリットは何があるのか?

それは・・・

トイレが汚れる

洋式のトイレでは、どうしても、尿ハネしてしまいます。

男性の方はあまり意識しませんが、立小便をすると汚れが凄いんですね。

なので、奥さんのトイレ掃除が大変なのもデメリットになります。

他にも、女性からすると「便座が上がりっぱなしが嫌だ」という意見もあるようです。

いずれにせよ、高血圧が気になる方は、座り小便を意識してみるといいでしょう。

あわせて読みたい記事
肩こりが高血圧の原因になる?
減塩ラーメンにするといい?
アキレス腱を揉むと血圧が下がる?