HOME-TOP > 食生活 > チョコレートの効果について!

チョコレートは体にいい?悪い?

 
血圧を下げる食べ物の1つにチョコレートがあるってご存じでしたか?

チョコレートと言うと、砂糖がたっぷり入っていて、なんとなく体に悪いイメージがありますよね。

でも、実際のところ健康に良いのかどうか気になるところでしょう。

そこで、ここでは・・・

なぜチョコレートで血圧が下がるのか?その効果について!

どんなことに注意すればいいのか?



これらについて解説していますので、高血圧を改善したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

チョコレートの画像
血圧を下げる方法!高血圧の原因と対策を徹底解説!


なぜチョコレートで血圧が下がるのか?その効果とは?


そもそも、なんで血圧が下がる効果があるのか?

それは、チョコレートに含まれるカカオに秘密があります。

カカオポリフェノールには「エピカテキン」と言う成分が含まれています。

この成分は、血管を広げる作用があるので血圧上昇を抑える効果に期待できます。

そして、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、エピカテキンが多く含まれていて吸収率が良いと言われています。

また、チョコレートの他には、ココアや緑茶にもエピカテキンが含まれているので日頃からこれらを飲むと言うのもいいでしょう。

ちなみに、血圧を下げる他にも次のような効果に期待できます。

動脈硬化を予防する
アレルギーが改善する
脳が活性化する
免疫力を高める
運動能力が上がる
ストレスを緩和させる
便秘を改善する
美容効果


などです。

つまり、チョコレートは健康と美容に大変良い効果をもたらしてくれます。

ただし、意外な落とし穴もあるので注意することもあります。


どんなことに注意すればいいのか?


健康と美容に良いされるチョコレートですが、どんなものでもいいわけではありません。

具体的には・・・

カカオが70%以上のビターチョコレートであること!

ポリフェノールは持続効果が短いのでこまめに食べること!

食べ過ぎると体調を崩すこともある!



これらのことが重要になります。


先ず、カカオが70%以上のビターチョコレートの必要があるので、普通のチョコとは違い、少々価格が割高になります。

ただ甘いだけのチョコレートは効果は期待できないですし、砂糖が多く入っている以上、健康に良いわけがありませんので注意してください。

次にポリフェノールの効果は持続時間が短いんですね。

ですので、少ない量をこまめに食べる必要があります。

具体的な量としては、1日に25gを目安に食べると良いと言われています。

これは板チョコの約半分ぐらいの量になります。

効果を期待するには、ひとかけをこまめに食べるようにしましょう。

それと食べ過ぎには気をつけてください。

ビターチョコレートには、カリウムが多く含まれるので腎機能が低下している人は体調不良になる場合もあります。


なんでもそうですが、健康に良い食べ物があったとしても食べ過ぎてしまえば、逆効果になってしまうので注意してくださいね。

上手にチョコレートを食べれば健康と美容の効果が高いですので、続けられそう人は、試してみてはいかがでしょうか?