HOME-TOP > 食生活 > 麦茶の効果について!

麦茶で血圧が下がる?

 
麦茶の画像

麦茶はどんな効果が期待できるのか?

血圧を下げる方法としては、麦茶を積極的に飲むのもいいかもしれません。

なぜ、麦茶がいいかと言うと、それは麦茶に含まれる成分に秘密があります。

具体的には・・・

GABA(ギャバ)

ピラジン


この2つです。


GABA(ギャバ)について


麦茶に含まれるGABAですが、これは抗ストレス作用血圧降下作用があると言われています。

高血圧の原因の1つにストレスがあるのですが、イライラしていると、興奮性のホルモンであるノルアドレナリンが分泌されるんですね。

ノルアドレナリンが分泌されると血管が収縮します。

もちろん、血管が収縮されてしまえば、それで血圧は高くなってしまいます。

そこで、麦茶に含まれるGABAの登場です。

GABAの効果としては、ノルアドレナリンの過剰分泌を抑えるので、血圧の上昇を防ぐというわけです。


ピラジンについて!


次に麦茶に含まれるピラジンと言う成分も注目です。

この成分は、血液サラサラ効果があると言われています。

つまり、血流が良くなるので、血圧を下げる作用が期待できるわけですね。

他にも、血小板凝縮抑制作用もあると言うのです。

これは、血小板の凝縮を抑えて、血栓をでき難くして、動脈硬化を防ぐ効果が期待されています。

このように麦茶には、GABA(ギャバ)とピラジンの効果があるので高血圧の対策に繋がります。


その他の効果について!


麦茶は、降圧作用も期待できるのですが、その他にもまだまだあります。

例えば・・・

抗酸化作用

胃の粘膜を守る

体温を下げる

虫歯予防
など、これらの効果です。


抗酸化作用


抗酸化作用があるので、生活習慣病の予防にもなります。また、女性の方は、アンチエイジング効果が期待できますので、キレイなお肌を保ちたいような人にもお勧めな飲み物と言えるでしょう。

胃の粘膜を守る


また、胃が弱い方にもお勧めできます。麦茶は胃の粘膜を守るので、胃痛、胃炎、胃潰瘍の予防にも役立つとされています。


体温を下げる


体温を下げる効果もあるので、麦茶は特に夏場に飲むのがいいと思います。
熱中症の対策の1つとして麦茶を飲むのもいいでしょう。


虫歯予防


さらに虫歯予防であったり、歯周病菌の菌膜生成を阻害するとも言われていますので、歯磨きと合わせることで、より虫歯予防の効果が期待できるはずです。


注意することは?


麦茶で注意すること

麦茶を飲む際、注意すべきことはなにがあるのか?

それは・・・

冷える飲み物なので、冷やし過ぎないこと

飲み過ぎないこと


この2点です。

夏場に麦茶を飲まれる方も多いと思いますが、キンキンに冷えた物を多く飲めば体調を崩したり、お腹を下す原因になります。

ですので、体の事を考えるのであれば、ぬるめか、あるいは、温めて飲むのもいいでしょう。

それと、麦茶は時間が経つと酸化するので、朝作った物はその日のうちに飲むようにするといいと思います。

麦茶は、血圧を下げたり、その他の健康や美容などの効果が期待できます。

高血圧が気になる方や美容を意識されている方は、麦茶を飲んでみてはいかがでしょうか?