HOME-TOP > 食生活 > 蕎麦の効果について!

蕎麦の効果は?血圧を下げるって本当?

 
蕎麦の画像

お蕎麦が好きな人も大勢います。

手軽に駅で立ち食いそばを食べれるのもいいですよね。

人によっては、一日一食、必ず、食べるなんて方もいるでしょう。

そんな日本人に愛されている蕎麦ですが、実は、健康にも良いことが分かっていて、血圧を下げる成分が含まれているんです。

でも、なぜ、お蕎麦で血圧が下がるのか?

それは、お蕎麦に含まれる・・・

ルチン(ビタミンP)

この成分に秘密があります。

ルチンって何と思われる方もいるでしょう。

このルチンと言う成分は、ポリフェノールの一種でもあるのですが、毛細血管を強くする作用があると言われています。

毛細血管を強くすると言う事は、全身の血流改善につながるので、それだけでも血圧を下げる効果が期待できるんですね。

また、血圧を上げる物質でアンジオテンシンUが体内で生産されるのですが、それを弱める作用もあると言われています。

その他にもルチンの効果としては・・・

動脈硬化の予防
糖尿病の予防
抗酸化作用
ガンの予防


など、様々な効果が期待されるので、お蕎麦は、健康的な食べ物になります。


蕎麦に含まれるルチンを上手に摂取するには?


では、お蕎麦に含まれるルチンを上手に摂取するにはどうすればいいのか?

これは、単純な話、出来る限り、そば粉が多く入っている物を選ぶ必要があります。

中には、小麦粉の方が多く入っている物もあるので、注意が必要です。

出来れば、10割の蕎麦、あるいは、二八蕎麦(蕎麦粉8:小麦粉2の割合)のそば粉が多く入っている物を食べるといいと思います。

また、注意したいこともあります。

それは、お蕎麦の場合、茹でるとルチンが流れてしまいます。

ですので、より多くルチンを摂取したいのであれば、蕎麦湯を飲むようにしましょう。

それと、いくら健康に良いからと言っても、蕎麦には、糖質を多く含むので食べ過ぎはいけません。

毎日、食べると言うのではなく、週に1〜2回ぐらいは、お蕎麦を食べるようにして、あとは、その他の食材からルチンを摂取するといいと思います。

ルチンを含む食べ物としては・・・

トマトやみかん、アスパラガス、小豆ど多くの野菜や果物などがあります。

なので、ルチン効果を期待しているのであれば、これらの物をバランスよく摂取するようにしてください。

蕎麦のオススメな食べ方について!


最後に蕎麦のオススメな食べ方を紹介したいと思います。

血圧を下げるためにお蕎麦のルチンを摂取したい場合はどうすればいいか?


そばがき


そばがき

お勧めするのが「そばがき」です。

「そばがき」にすることで、ルチンを流すことなく摂取できます。

では、作り方を紹介しましょう。

「そばがき」の作り方は簡単です。

先ず、スーパーでそば粉を買ってきます。

あらかじめ椀を温めておき、その中に適量、そば粉を入れてから、熱湯を注ぎ、良く練って完成です。

それを麺つゆにつけて食べると、蕎麦の風味が楽しめます。

また、よく火を通したいと言う人は、鍋の中にそば粉と水を加えて、弱火でよく混ぜるようにして練っていくといいでしょう。


そば茶


そば茶

その他の方法としては、そば茶なども売られているので、それを飲むのもいいでしょう。

そば茶なら、そばがきよりも手軽に摂取できますからね。

ちなみに血圧を下げる方法としては、韃靼そば茶が有名ですね。

いずれにせよ、高血圧が心配と言う人は、ルチンを摂取する習慣をつけてみてください。