血圧を下げる方法は?何が原因なの?

 
血圧を下げる方法には何があるのか?

中年になり、高血圧が心配と悩まれる方も多いでしょう。

そのまま放置してしまえば、深刻な病気を発症する可能性もありますので気をつけなければいけません。

そこで、このサイトでは・・・

血圧を下げる方法〜高血圧の原因まで!

これらについて詳しく解説しています。

医師の画像

働き盛りの40代〜50代。

会社の健康診断などで血圧を測り、自分の血圧が高いと驚かれている方も多いと思います。

そもそも・・・

なぜ、高血圧を放置してはいけないのか?

一体、何が原因なのか?

自力で対策してみたけど血圧が下がらない?

血圧を下げる方法を知りたい!


このような事で悩んでいる方は大勢いるでしょう。

血圧を下げる方法も色々ありますが、原因は人それぞれ違います。

高血圧を改善させるには、基本的に運動不足の解消、食生活の見直しなどを行っていく必要があります。

正しい知識を身につけてしっかり高血圧対策に励みましょう。


血圧を下げる方法のお勧め!


高血圧を改善させるためには、血流を良くすることが重要です。

血液の流れが悪くなると、圧力をかけなくてはならないので血圧はどうしても高くなってしまいます。

つまり、血流改善こそが高血圧対策となるわけです。

そこで、簡単にできて効果的でお勧めできる方法をいくつかお伝えします。

自分に合った方法を見つけて、しっかりと対策してください。


タオルグリップ体操で血圧を下げる!


タオルの画像

血圧を下げる方法としては、タオルグリップ体操と言うのがあります

これは、以前、NHKの人気番組、ためしてガッテンで紹介されました。

何をするかと言えば、タオルを握るだけの簡単な方法になります。

用意するものはタオル1本だけです。

タオルグリップ体操のやり方!

タオルを丸めて、手で握った時に指がつかない程度の大きさにします。

用意できたら、30%の力でそのタオルを2分間握ります。

次に1分間は休み、今度は、逆の手で同じように2分間握ります。

右手と左手を2回ずつ行ってください。

・右手2分握る
・1分休む
・左手を2分握る
・1分休む
・右手2分握る
・1分休む
・左手を2分握る

これが1セットになります。

一日に3セットを目安に行いましょう。
個人差がありますが、2週間ぐらい続けると血圧が下がってきます。

また、注意することですが、タオルグリップ体操を止めてしまえば、元の数値に戻るので、この方法で血圧が下がる方は、あなたに合う方法なので続けるようにしてください。


爪揉みで血圧を下げる!


爪の画像

血圧を下げる方法としては、爪を揉むというのも効果的な方法になります。

例えば、小指の爪を揉むと血流が改善させ、その結果、血圧が下がっていきます。

小指の爪の他に、親指、人差し指、中指、薬指があるのですが、それぞれ効果が違います。

爪揉みであれば、1人でも行えるので、高血圧で悩む方は、ぜひ試してください。

爪揉みのやり方や効果を徹底解説しています!



かかと上げ運動について!


かかと上げ運動の画像

血圧を下げる方法としては、かかと上げ運動も効果があります。

この運動を行うことで、ふくらはぎが刺激され、血流が改善されます。

ふくらはぎは、第二の心臓とも言われていて、心臓から送られてきた血液を戻す役割があります。

ウォーキングでも、同じ効果がありますが、かかと上げ運動は、その場で出来ますので、仕事の合間にできるのがメリットです。

次のページでは、かかと上げ運動のやり方や効果について解説しています。

かかと上げ運動について!


血圧を下げる方法には有酸素運動がある!


ウォーキングの画像

血圧を下げる方法もいろいろですが、運動を行うのは高血圧対策になるので、ぜひ取り入れたいところです。

ただ、運動と言っても、高血圧患者の場合、無酸素運動のように重い物を持ったり、激しい運動を行うのは危険です。

運動の最中に倒れてしまう可能性もあるので注意しなければいけません。

高血圧の人が行う運動は、軽めの有酸素運動です。

有酸素運動とは、酸素を取り入れながら行う方法ですが、ウォーキングや軽いジョギング、水泳や自転車などがあります。

ダイエットをされている方なら一度は、試したことがあると思います。


有酸素運動が良い理由とは?


なぜ有酸素運動を行うと血圧が下がるのか疑問ですよね。

実は、それには理由があります。

それは・・・

血流が改善される

体内のナトリウムを排出する

自律神経のバランスが整う

肥満が改善される

このような事が期待できるわけですね。

高血圧の人は、血流が悪く、生きていくためには圧力をかけて血圧を高くしなければいけません。

ですが、有酸素運動を行うと、血管が広がり、血液循環がスムーズになるので血圧が下がっていきます。

また、体内のナトリウムを排出する効果も期待できるので、食事で摂った塩分は尿と一緒に排出されて血圧も安定してきます。

それと高血圧の原因には、自律神経の乱れがあるので、バランスを整えるため、それと肥満を解消させるためにも日頃から有酸素運動することをお勧めします。


ウォーキングが良い理由とは?


有酸素運動が良い理由について

中でもウォーキングは血圧を下げるにはお勧めな方法です。

ウォーキングが良い理由ですが・・・

手軽に行う事ができる!

自分のペースで無理なくできる!

長続きできる!

通勤時間を利用して行うことができる!
などが挙げられます。

ウォーキングの場合、特に道具を必要としないので、今日からでもはじめることができて手軽な方法と言えます。

そして、自分のペースに合わせて無理なく行えるので、長続きしやすいです。

また、時間がないような方は、通勤を利用すれば、普段の生活の中で運動することが可能です。

このような理由から血圧を下げるための運動としては、ウォーキングがお勧めできます。


有酸素運動をどのぐらいやればいい?


血圧を下げるために有酸素運動をやる場合、どのぐらいの時間、行えばいいのか?

これに関しては・・・

ウォーキングを行うのであれば、30分〜1時間ぐらいを目安に行うといいでしょう。

毎日行う必要はありませんが、できれば週5ぐらいは行うようにするといいです。

また、ゆっくり歩いても効果は期待できないので、なるべく早歩きをします。

もちろん、疲れたら一度ペースを落として、また、早歩きをする。

これを繰り返す事で、運動効果が高まるので血圧が下がる効果が期待できます。

血圧が高いと心配な人は、無理なくウォーキングを続けてみてください。


血圧を下げるには食生活を見直すことが大事!


食事の画像

健康を維持させるためにも食生活の見直しは大切です。

食生活の乱れが原因で血圧が高くなる人も少なくありません。

しかし、なんで食生活が関係しているのか?

20〜30代の頃は、好きな物を好きなだけ食べても平気かもしれませんが、40代、中年にもなると基礎代謝は落ちていくので食べ過ぎなどはNGです。

食べ過ぎると肥満になり、それが原因で血圧が高くなったりします。

また、血圧を下げる為には、なるべく摂取した方が良い物や逆に控えた方が良い物もあります。

もし、あなた自信が食生活の乱れを気にしているのであれば、この機会に食生活の見直しを行ってみてください。


悪い食習慣について!


先ずは、悪い食習慣についてお話します。

人によっても食習慣は違いますが・・・

例えば、お肉が好きで週に4回は、焼肉を好きなだけ食べたり、鶏の揚げ物が大好きでいつも食べ過ぎてしまう方は、注意した方がいいです。

決して、お肉が悪いと言うわけではありません。

お肉ばかり食べると、栄養が偏ってしまいますし、カロリーも高いので気をつけましょうと言うことです。

肉の他にも、魚や野菜などをバランスよく摂取して食べ過ぎないことが重要なポイントです。

また、太ると言う理由で、ご飯や麺などを一切食べない方もいますよね。

これは、いわゆる糖質制限ダイエットですが、ダイエットで一時的に行うのはいいかもしれませんが、これを長期に渡り続けるとリスクが高くるので、お勧めはできません。

なので、健康やダイエットを意識しているのであれば、炭水化物を抜くのではなく、少し量を減らすようにするといいと思います。

高血圧に関して言えば、肥満が原因になるので、メタボにならない為にも体重管理を行うことが大切です。


食べた方がいい物とは?


では、積極的に食べたい物って何があるのか?

それは・・・

カリウムを含む食べ物

タンパク質を多く含む食べ物

ポリフェノールを含む物

これらが大事です。

高血圧の原因には塩分の過剰摂取があるのですが、カリウムは不要な塩分を排出させるので積極的に摂るようにしたいですね。

また、タンパク質ですが、魚に含まれるDHAとEPAには、血管を柔らかくする働きがありますし、血管を拡張させて血液をスムーズに流すためにも摂りたい食材です。

そして、ポリフェノールは、抗酸化作用で血管の老化を防ぐのに役立つので健康に良いことが分かっています。

具体的には次のような食材を摂取すると高血圧の対策になります。

カリウム りんご
バナナ
ほうれん草
アボカド
パセリ
カリウム
など。
タンパク質
牛乳

大豆製品
など。
ポリフェノール ナス
ブルーベリー
トマト
にんじん
イカ
など。


毎日の食事でこれら食材を上手に摂りいれて高血圧の予防と改善に励んでください。


血圧を下げるには減塩することが大事?


塩の画像

高血圧の予防と対策のためには、塩分を摂り過ぎは悪いと言います。

血圧を下げる方法を考える上では、減塩は必要です。

しかし、なんで塩分の摂り過ぎがいけないのか?

その理由としては、塩分を摂り過ぎると・・・

血流が増えて圧力がかかり血圧が高くなる

血管をボロボロにして痛めてしまう

動脈硬化が進んでしまう

腎臓疾患を引き起こす可能性がある
など。

これらの事があるので塩分を摂り過ぎるのはいけないわけです。

人によっては、塩分を多く摂っても、血圧に影響しないこともあります。

これは、食塩非感受性と言って塩分に反応し難いタイプがこれに当てはまります。

ですが、塩分を多く摂ることで、血管は痛んでしまいますし、動脈硬化を引き起こしやすくなるんですね。


動脈硬化とは・・・

文字どおり「動脈がかたくなる」ことですが、健康な人の血管は柔らかくしなやかですが、動脈硬化が進行すると脳や心臓の疾患を引き起こす可能性があるので、注意しなくてはいけません。

高血圧による動脈硬化の症状


また、腎臓は血液を濾過して老廃物や塩分を尿として体の外へ排出するのですが、塩分が多いと腎臓にかかる負担も大きくなります。

そうなれば、腎臓疾患を引き起こす可能性もありますし、仮に腎臓病が悪化してしまえば、透析が必要になります。

透析になると病院には週に3回は行わなくてはならず、1回に4時間はかかるので、自由が奪われてしまいます。

このように過剰に塩分を摂取をしていると、高血圧だけでなく、様々な病気を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

血圧を下げるため、血管に負担をかけないため、そして、病気にかからないためにも普段から減塩するようにしましょう。

減塩が難しい方に試してほしいストレッチがある!



血圧を下げる飲み物について!


高血圧の予防や改善に役立つ飲み物ってどんなものがあるか?

ネットで調べてみると、本当に色々あるので、どれを試せばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、ここでは、お勧めできる飲み物を紹介したいと思います。

どんなものが良いかと言えば・・・

お酢
ココア
生姜湯
トマトジュース
炭酸水
これらがあります。

もちろん、これ以外にも、様々な物がありますが、これらの飲み物はどこでも簡単に入手できますので、手軽に高血圧対策することができます。


お酢について!


お酢の画像

先ず、お酢に関してですが、種類としては・・・

米酢、黒酢、リンゴ酢、もろみ酢、きび酢、バルサミコ酢などがあります。

そして、特に効果が期待されているのが黒酢なんですね。

その理由ですが、黒酢は、他の酢と比べてアデノシンの効果が優れいるためです。

それでも醸造酢であれば、基本的には、どれもでも効果は期待できます。

もちろん、そのままでは飲みにくいので、お水で割ったりして飲んでもいいですし、料理の調味料として使っても構いません。

お酢の降圧効果は認められているのですが、唯一デメリットがあるとするなら、お酢を摂取するのを止めてしまうと、また、血圧も戻ってしまうところです。

ですので、お酢で血圧を下げたい方は、続けなければいけません。


ココアについて!


ココアの画像

次にココアですが、中に含まれるカカオポリフェノールが血圧を下げる効果があると言われています。

カカオですので、チョコレートにも同じような効果が期待できます。

ただ、チョコレートの場合は、余分な砂糖が含まれますので、糖分の摂り過ぎには気をつけなければいけません。

ですので、ココアの場合も砂糖なしで飲む方がいいわけですね。

それと注意する事としては、カカオポリフェノールは、持続時間が短いと言うデメリットがあります。

ですので、ココアで血圧を下げたいと思っているのであれば、朝食後、10時、昼食後、3時、夕食後など、何回かに分けて飲むことが大事です。

ただ、それでは面倒と言う方もいますよね。

そんな場合は、ココアの缶とスプーンを用意して、こまめに飲んでも構いません。

これなら、職場でも休憩時間に簡単に摂取することができますからね。


生姜湯について!


生姜湯の画像

次に生姜湯ですが、こちらも血圧を下げる作用が期待できます。

ショウガには、ジンゲロールと言う成分があるのですが、殺菌作用があると言われています。

また、温めることで、ジンゲロールからショーガオールに変わるのですが、体を温める作用があるんですね。

なので、冷え性の対策にも生姜湯はお勧めです。

ジンゲロール、ショーガオールどちらも血管を拡張して血流を良くさせますので、高血圧対策になると言うわけです。

生姜湯は市販の物でも構いませんが、自分で簡単に作ることもできます。

●生姜湯の作り方

用意するものは・・・
・すり下ろした生姜 小さじ1/2 ※チューブでも構いません
・はちみつ お好みで
・お湯 カップ1杯

生姜とはちみつを入れ、沸騰したお湯にカップに入れて混ぜれば出来上がり!
生姜とはちみつの量は特に決まりはないので、自分で調整してみてください。

他にも、生姜紅茶として飲むのもいいですね。


トマトジュースについて!


トマトジュースの画像

なぜ、トマトジュースが血圧を下げるのか?

その理由は、トマトにはカリウムが豊富だからです。

カリウムと言う成分は、体の余分な塩分(ナトリウム)を尿と一緒に排出させます。

ちなみにトマトジュース200mlあたりおよそ500mのカリウムを摂取することができると言われていて、一日に必要なカリウムの量も1/3程度が摂取できる計算になります。

また、カリウムは浮腫み解消にも効果的ですし、他にも、トマトに含まれるリコピンは、抗酸化力が強く、動脈硬化の予防や血糖値を下げる、美肌効果などに期待されています。

つまり、トマトジュースを飲むと高血圧対策もそうですが、美容と健康に役立つということです。

より効果的に飲むなら、トマトジュースにお酢を加えるのもいいと思います。

ただ、いくらトマトジュースが良いからと言っても、注意することもあります。

それは、トマトジュースの中には、塩分が含まれる物もあるので、無塩のものを選ぶことです。

それと肝臓や腎臓の働きが低下している人がカリウムを摂りすぎてしまうと高カリウム血症なることもあるのでトマトジュースの飲み過ぎには気をつけてください。


炭酸水について!


炭酸水の画像

血圧を下げるためには、普段から炭酸水を飲むのもお勧めです。

なぜ、炭酸水が良いかと言えば、血流改善に繋がるからなんですね。

炭酸水を飲むと、二酸化炭素の量が増えて、不足した酸素を補給するため、血液の流が良くなります。

つまり、炭酸水を摂り入れることで、血管も広がり、その結果、血圧も下がると言う事です。

また、ビールや発泡酒を飲まれる方がいますが、アルコールを多く摂取することも血圧が高くなる原因ですので、ビールの代わりに炭酸水を飲む習慣をつけるのもいいと思います。

炭酸水は、カロリーや糖質もゼロですので、太ることはありません。

血圧を下げるため、アルコールの量を減らすためにも炭酸水を飲んでみてはいかがでしょうか?




血圧を下げるにはストレスをなくすことが大事!


ストレスが溜まっている男性の画像

血圧を下げる方法としては、ストレス対策を行うことは大切です。

誰でも、ストレスはあるのものですが、過度に溜めてしまう場合は注意が必要です。

なぜなら、自律神経が乱れてしまうからです。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

これら特徴としては・・・

交感神経 緊張している時
ストレスを受けている時
副交感神経 リラックスしている時
落ち着いている時


このようになっているのですが、ストレスが溜まると交感神経が働くので、その結果、血圧が高くなってしまうと言うことです。

ただ、ちょっとしたことでも、自律神経は乱れてしまうんですね。

なので、血圧を下げる方法としては、交感神経と副交感神経のバランスを保つことが重要なポイントになると覚えておいてください。


ストレス度チェック!


先ずは、自分がどれだけストレスが溜まっているのか確認しましょう。

特にこんな人は要注意です。

いつも仕事が忙しい
体が疲れている
なかなか休みが取れない
寝る時間が不規則
朝起きれない
責任感が強い
まじめといわれる
自分の時間がないと感じる
イライラすることが多い
緊張やあせりを感じる
会社を辞めたいと思う
アルコールを飲みすぎてしまう
タバコを吸っている
自分でも無理をしていると思う
会話が少ない
最近、楽しくないと感じる
笑いが少ないと思う

これらの項目で該当するのが多ければ多いほどストレスが溜まっていると言えます。

ですので、血圧を下げるためにもストレス対策を行い、解消させるようにしてください。

規則正しい生活習慣に変えることが大事ですし、体が疲れているなら、寝る時間を確保して体調を整えるようにしましょう。

体力を回復させるだけでも、ストレス対策になりますし、自分の時間を作ったり趣味を楽しんだり、会話をして笑う機会を増やすことが大切です。

血圧を下げるためにも、ストレス対策を考えましょう。



福辻式の高血圧
1日5分!簡単に血圧が下がった方法とは?
高血圧で悩みあなたへ!実は、簡単なストレッチを5分するだけで血圧が短期間に下がってしまう方法があります!只今、その秘密をコチラで公開中!