HOME・TOP > 血圧の基礎知識 > 睡眠不足がダメな理由

睡眠不足を解消させると血圧が下がる?


寝ている男性の画像

血圧を下げる方法としては、睡眠不足を解消させるのが効果的です。

高血圧で、生活習慣を改善している人も大勢いると思います。

例えば、減塩や運動で対策される方が多いですが、睡眠も考えた方がいいですね。

なぜなら、睡眠不足は、高血圧になる原因の1つだからです。

そこで、このページは・・・

高血圧と睡眠の関係

について注目してみました。
睡眠不足で血圧が高くなる理由

不眠を改善させるには?
これらについて解説しています。

睡眠不足になりがちで血圧が高い人は参考にしてみてください。


睡眠不足で血圧が高くなる理由とは?


そもそも、なんで睡眠不足なると高血圧になってしまうのか?

その理由は・・・

寝る時間が少ない人は、自律神経が乱れてしまうから!

自律神経には、交感神経と副交感神経があるんですね。

睡眠時間が短い人の場合は、交感神経が優位になってしまいます。

交感神経が働くと緊張状態が続き、ストレス等を受ければ血圧は高くなります。

ちなみに、1日でも睡眠時間が短いと血圧は高くなるといいます。

それが、続いてしまうと、慢性的な高血圧になるので注意が必要です。

また、睡眠中は・・・
・ホルモンバランスを整える

・傷ついた血管を修復する
このような役割があります。

ですので、睡眠と健康には深い関係があると思ってください。

短眠の人は、ホルモンバランスは乱れ、血管も修復されにくくなります。

なので、血圧を下げたいなら、睡眠についてよく考えなければいけません。

基本的には、7〜8時間ぐらいは欲しいところです。

それ以下ですと、少ないですし、逆に寝すぎも血圧が高くなる原因になります。

「でも、わかっているけど、なかなか寝れない・・・」

このような人はどうすればいいのか?


不眠を改善させるには?


不眠を改善させる

血圧を下げるためにも質の良い睡眠を7〜8時間は、取りたいところです。

でも、いつも夜寝るのが遅くなってしまう人もいるでしょう。

そんな人は、次の方法を試してください。
・朝早く起きる方法

・昼に運動する
この2つが有効な方法です。


朝早く起きる方法


睡眠の質を上げたい方やぐっすり寝たい方は、朝早く起きるのがいいです。

はじめは、つらいかもしれませんが朝早く起きて太陽の光を浴びてください。

そして、二度寝してはいけません。

その日は、夜まで頑張って普通に生活します。

すると、夜には眠くなるので、すんなりと寝る事ができます。

これを繰り返すだけで不眠は改善されていきます。

要するに、早寝早起きすると正しい生活習慣が取り戻せるということです。


昼に運動する


他にも、昼に運動をするのも一つの方法になります。

体を疲れさせることで夜はすぐに眠りにつくことがきる作戦です。

理想は、軽めの筋トレを行ってから有酸素運動をやるのがいいですね。

高血圧の方は、きつい筋トレは危険なので、軽めの筋トレを行いましょう。

それから、ウォーキング等を行うとダイエット効果も期待できます。

・・・

早起きや運動を行えば不眠は改善させることができます。

また、寝る前には、スマホなど強い光を浴びると脳が活性化します。

ですので、寝る前は、使用しないことも大事です。

できれば、照明を少し暗くするなど、寝る準備をしてください。

布団に入ったら、リラクゼーションの音楽を聴くのも効果的です。

血圧を下げるためにも、不眠を改善させるようにしましょう。

あわせて読みたい記事
血圧が変動する原因について
口呼吸だと血圧が高くなる?


お勧めサイト紹介
高血圧と睡眠-睡眠を改善して血圧のコントロール
あなたの高血圧・糖尿病は、睡眠不足が原因かも!?