HOME・TOP > 血圧の基礎知識 > 猫背がいけない理由とは?

猫背がいけない理由とは?


血圧を下げる方法・猫背を改善

高血圧の原因も色々ですが、実は、普段の姿勢も関係しています。

特に猫背になっている人は注意してください。

姿勢が悪く、いつも猫背になっている人は血圧が高い方も多い傾向にあります。

なので、血圧を下げる方法としては、姿勢を改善させることが大事です。

そこで、今回は、高血圧と姿勢の関係について考えたいと思います。

このページでは・・・
なぜ猫背になると高血圧になるのか?

猫背を改善させる方法について!
これらについて詳しく説明しています。

普段から姿勢が悪く猫背になっているような人はぜひ参考にしてみてください。


なぜ猫背になると高血圧になるのか?


猫背がいけない理由

血圧が高く猫背気味なんて方もいると思います。

そもそも、なんで猫背になると血圧が高くなるのか?

その理由としては、内蔵が圧迫されるからなんですね。

内蔵が圧迫されると心臓から全身に送り出す血液の流れが悪くなります。

生きていくためには全身に血流を流さなくてはいけません。

その結果、血圧を高くする必要があるんですね。

ですので、猫背の人は高血圧になりやすいと言われています。

今では、スマホやの普及で猫背になる人も増えています。

また、猫背が続くと血圧だけでなく他にもデメリットがあります。

例えば・・・
・背筋が次第に低下していく

・肩や首が痛くなる

・内臓系の疾患になる可能性もある

・見た目が悪くなる

これらがあります。

猫背になると言う事は、背筋が低下している証拠でもあるわけですね。

バランスが悪いので首や肩がこることもあるでしょう。

また、胃腸の調子が悪くなることも考えられます。

場合によっては、逆流性食道炎になる可能性もあるかもしれません。

それに見た目が悪くなってしまいます。

このような事から猫背になると様々なデメリットを引き起こします。

もちろん、これを放置してはいけません。

血圧を下げるため、健康のためにも猫背は改善させることが大切です。


猫背を改善させるにはどうすればいいのか?


猫背を改善させるには?

では、猫背を改善させるには何を行えばいいのでしょうか?

これには色々と方法があります。

例えば、背筋を鍛えることも大事ですし、ストレッチ行うのも効果的な方法と言えます。

いくつかやり方があるので紹介します。


壁を使った方法


壁に背中をピタッと付けて立ち、その状態で腹式呼吸で行います。

8秒間息を吸い、8秒間息を吐くことを繰り返すしてみてください。

これを行うだけでも、猫背の予防につながります。


丸めたタオルを利用する方法


先ず、用意するのはバスタオルなどです。

タオルを丸めて枕のようにします。

やり方ですが、仰向けに寝て、タオル背中(胸の下)に置きます。

5分程度この状態をキープしてみてください。

体が反る感じになるので、姿勢がよくなるのが実感できます。


手ぶらストレッチ


手ぶらストッチは、立った状態で手は胸に置きます。

そして、肘は後ろの方に持っていくような感じで胸を張ります。

この際、肩はすくめないで自然な姿勢を意識してください。

20秒間続けたら力を抜きます。

これを続けると胸が張るので猫背が改善されます。


まとめ


こちらでは、姿勢が悪い人が血圧が高くなりやすくなる理由と対策を解説しました。

とくに猫背を実感されている方は、内蔵が圧迫されるので気をつけてください。

姿勢は意識しないとなかなか改善しません。

鏡などで自分の姿勢を確認するのもいいと思います。

血圧を下げるためにも、これら方法で猫背を治すようにしましょう。

関連記事
座りっぱなしがダメな理由とは?
肩こりは解消した方がいい?