HOME・TOP > 血圧の基礎知識 > 理想の数値について!

血圧の数値はどれぐらいが理想?


血圧を下げる方法

理想血圧値ってどれぐらいがいいのか?

高血圧が心配で血圧を下げる方法が知りたいと言う方も大勢いると思います。

もちろん、そのまま放置していては、危険ですので何かしら対処しなければいけません。

その為には、自分の血圧を毎日測定することが大事です。

でも、血圧の数値ってどれぐらいがいいのか疑問ではありませんか?

そこで、ここでは・・・
どこからが高血圧と呼ばれるのか?

理想の血圧値とはどれぐらいなのか?

低ければ低いほどいいって本当なのか?
これらについて解説していますので、参考にしてみてください。


どこから高血圧になる?


先ず、どこからが高血圧と呼ばれるのか?

血圧には、上と下、つまり、最大血圧と最小血圧があります。

その基準値ですが、日本高血圧学会によると・・・

上が140mmHg未満 下が90mmHg未満

と定められています。

ただ、自宅で計測した場合は、上が135mmHg未満 下が85mmHg未満とされています。

この差は、環境の違いによるものです。

自宅では、リラックスできますし、病院では緊張してしまいますからね。

また、血圧の上か下のどちらか片方が上回っても高血圧と呼ばれます。

それと数値によって、T度からV度まで分けられます。

具体的には・・・
T度高血圧 上 140〜159 下 90〜99
U度高血圧 上 160〜179 下100〜109
V度高血圧 上 180以上  下110以上
このようになっています。


理想の血圧値とはどれぐらいなのか?


では、理想とされる血圧値というのは一体どれぐらいがいいのか?

基準値を上回ったらどうすればいいのか?


理想とされる血圧値は人によっても異なる?


基本的には、自宅で血圧を測定して・・・

上が135mmHg未満 下が85mmHg未満

であれば問題はありません。

ただ、当然ですが、人によっても個人差があります。

加齢と共に血圧も高くなります。

20代の方と70代の方を比較するのもおかしい話ですからね。

人それぞれ、生活環境が異なるので、一概にこの数値が理想とは言えません。

それに、血圧と言うのは、1日の中でも変動するものです。

運動すれば、一時的に高くなるでしょう。

リラックスしていてる時は下がるのは当たり前です。


血圧管理について!


自分で血圧管理を行うなら、朝と夜に血圧を測定して記録してください。

基準値以内で、極端に差がなければ問題はありません。

また、血圧が高くなる時もあるでしょう。

ですが、記録しておくことで、一時的だったのか?

あるいは高血圧の状態が続いているのかが判断できます。


基準値を上回ったらどうすればいいのか?


もし、高血圧の状態がずっと続くようであれば、注意が必要です。

多少、高い状態だとしても、今すぐ倒れるようなことはありません。

ですが、血圧を下げる為にも、生活習慣の見直し等は、行ってください。

しばらく様子を見て正常値に戻り、その状態がキープできれば問題はありません。

長い期間、高血圧の状態が続くとそれだけ血管も傷つきます。

なので放置しないようにしましょう。

どうしても、心配と言う人は、病気で検査をしてもらうことをお勧めします。

あわせて読みたい記事
血圧の正しい測定について!
変動する原因とは?


低ければ低いほどいいって本当なのか?


血圧って低ければ低いほどいいのか疑問ではありませんか?

実は、これに関して言うと、明確な答えがないようです。

つまり、判断基準がないので、それほど問題にはならないようです。

確かに医者は、低ければ低いほどいと言います。

ですが、明らかに低血圧で何らかの症状で悩まされている人がいるのも事実です。

ちなみに、低血圧の人の症状としては、次のようなものがあります。

朝起きれない、頭痛、めまい、便秘、下痢、食欲不振、吐き気、動悸、冷え

など、実に様々です。

もちろん、これら症状が現れる事は決して、良い事ではありません。

症状が辛い場合には、やはり病院で診てもらうようにしましょう。

もし、低血圧だとしても、症状がなければ今のところは問題はないでしょう。


まとめ


理想の血圧値はその人によっても異なります。

家庭で測る場合は以下の数値が基準値になります。

上が135mmHg未満

下が85mmHg未満

この数値で症状がなければ、このまま健康を維持するようにしてください。<

そして、基準値とされる数値ですが、時代によって厳しくなる傾向にあります。

ですので詳しくは、日本高血圧学会や、WHO(世界保健機関)ISH(国際高血圧学会)などの情報を参考にしてみてください。

また、血圧は健康診断の時しか測らない人もいるでしょう。

ぜひこの機会に血圧計を購入して、健康管理のためにも毎日、計測するようにしましょう。