血圧を下げる方法!TOP > 基礎知識 > 理想の数値について!

血圧の数値はどれぐらいが理想?


血圧を下げる方法

理想の血圧の数値ってご存知でしょうか?

普段、あまり健康に関心ない方は、高血圧と聞いてもピンとこないかもしれませんね。

会社の健康診断などで血圧が高いと知り驚かれる人もいるでしょう。

もちろん、そのまま放置していては、危険なので何かしら対処が必要です。

一体、血圧ってどの程度の数値なら問題がないのでしょうか?

そこで、このページでは、・・・

  • どこからが高血圧と呼ばれるのか?

  • 理想の血圧値とはどれぐらいなのか?

  • 血圧は低ければ低いほどいいって本当なのか?


これらについて解説していますので、参考にしてみてください。


血圧が下がらない?と悩んでいるなら
たった1分ねころぶだけの対策
こちらを確認してみてください。



どこから高血圧になる?


先ず、どこからが高血圧と呼ばれるのか?血圧には、上と下、つまり、最大血圧と最小血圧があります。

その基準値ですが、日本高血圧学会によると・・・

上が140mmHg未満 下が90mmHg未満

と定められています。

ただ、自宅で計測した場合は、上が135mmHg未満 下が85mmHg未満とされています。この差は、環境の違いによるものです。自宅では、リラックスできて数値も下がり、病院では緊張して高い数値になる傾向にあるので低い数値となっているんですね。

また、血圧の上か下のどちらか片方が上回っても高血圧と診断されます。

それと数値によって、T度からV度まで分けられます。

具体的には・・・
T度高血圧 上 140〜159 下 90〜99
U度高血圧 上 160〜179 下100〜109
V度高血圧 上 180以上  下110以上
このようになっています。


理想の血圧値とはどれぐらいなのか?


では、理想とされる血圧値というのは一体どれぐらいがいいのか?基準値を上回ったらどうすればいいのか?すぐに病院で治療しなければいけないのか?色々と疑問に思う事ってありますよね。そんな疑問を解決していきましょう。


理想とされる血圧値は人によっても異なる?


基本的には、自宅で血圧を測定して、上が135mmHg未満 下が85mmHg未満であれば問題はありません。ただ、当然ですが、人によっても個人差があります。加齢と共に血圧も高くなります。20代の方と70代の方を比較するのもおかしい話ですからね。

人それぞれ、生活環境が異なるので、一概にこの数値が理想とは言えないんですね。それに血圧は、1日の中でも変動します。運動したり、緊張することでも一時的に血圧は高くなります。逆にリラックスしていてる時は、数値も安定するのが普通と思ってください。


血圧管理について!


自分で血圧管理を行うなら、朝と夜に血圧を測定して記録しましょう。基準値以内で、極端に差がなければ特に問題はありません。また、血圧が高くなる時もあるでしょう。ですが、記録しておくことで、一時的だったのか?あるいは高血圧の状態が続いているのかが判断できます。


基準値を上回ったらどうすればいいのか?


もし、高血圧の状態がずっと続くようであれば、注意が必要です。多少、高い状態だとしても、今すぐ倒れるようなことはありません。ですが、血圧を下げる為にも、生活習慣の見直し等は、行ってください。しばらく様子を見て正常値に戻り、その状態がキープできれば問題はありません。

長い期間、高血圧の状態が続くとそれだけ血管も傷つきます。なので放置しないようにしましょう。どうしても、心配と言う人は、病気で検査をしてもらうことをお勧めします。

あわせて読みたい記事
※血圧の正しい測定について!
※変動する原因とは?


血圧は低ければ低いほどいいって本当なのか?


血圧って低ければ低いほどいいのか疑問ではありませんか?実は、これに関して言うと、明確な答えがないようです。つまり、判断基準がないので、それほど問題にはならないようです。

確かに医者は、低ければ低いほど良いと言います。ですが、明らかに低血圧で何らかの症状で悩まされている人がいるのも事実です。

ちなみに、低血圧の人の症状としては、次のようなものがあります。

・朝起きれない
・頭痛
・めまい
・便秘
・下痢
・食欲不振
・吐き気
・動悸
・冷え


など、実に様々です。

もちろん、これら症状が現れる事は決して、良い事ではありません。症状が辛い場合には、やはり病院で診てもらうようにしましょう。もし、低血圧だとしても、症状がなければ、それほど心配する必要はありません。


まとめ


血圧の理想の数値ですが、これはその人によっても異なるので一概には言えません。

判断基準としては、上が140mmHg未満 下が90mmHg未満、家庭で測る時は、上が135mmHg未満下が85mmHg未満であれば問題ありません。

この数値で症状がなければ、このまま健康を維持するようにしましょう。

そして、基準値とされる数値ですが、時代によって厳しくなる傾向にあります。

ですので詳しくは、日本高血圧学会>の情報を参考にしてみてください。

また、血圧は健康診断の時しか測らない人もいると思います。

ぜひこの機会に血圧計を購入して、健康管理のためにも毎日、計測しましょう。



血圧が変動する原因は?


短期間で血圧を下げる話題の方法!

高血圧はもう怖くない!
たった1分ねころぶだけで対策!!
わかりやすい映像を見ながらマネするだけ!
サイレントキラーの恐怖、不安な毎日から開放
降圧剤に頼らず、自力で高血圧対策。
やることは、「1分ねころぶ」だけ!
安心の「全額返金保証」付き

先ずは、お客様の声を見てみよう!

⇒高血圧で悩む方はコチラ!


関連記事


理想の数値

理想の血圧の数値ってご存知でしょうか?普段、あまり健康に関心ない方は、高血圧と聞いてもピンとこないかもしれませんね。会社の健康診断などで血圧が高いと知り驚かれる人も...

変動するもの?

血圧の数値が高かったり変動したりすると心配になってくると思います。もちろん、低い数値に越したことはないでしょう。ただ、高血圧の状態が続くなら、何かしら対策をしなけれ...

測定方法について!

こちらでは、正しい血圧の測り方について解説しています。手帳に数値を記録していれば、血圧の変化が一目瞭然です。健康管理のために毎日、血圧を測るようにしましょう。 ...

運動不足がいけない理由

血圧を下げる方法としては、運動不足を解消させることが重要なポイントになります。よくテレビなどでも・・・血圧を下げたければ運動するように・・・運動するなら、歩...

睡眠不足がダメな理由

血圧を下げる方法としては、睡眠不足を解消させるのが効果的です。高血圧で、生活習慣を改善している人も大勢いると思います。例えば、減塩や運動で対策される方が多いですが、...

口呼吸が原因?

血圧を下げるためには鼻呼吸が良いってご存知でしたか?血圧が高い方の中には、口呼吸になっている方がいるようです。普段、自分の呼吸なんて普段意識していない方がほとんどだ...

猫背がいけない理由とは?

高血圧の原因も色々ですが、実は、普段の姿勢も関係しています。特に猫背になっている人は注意してください。姿勢が悪く、いつも猫背になっている人は血圧が高い方も多い傾向に...

体を柔らかくするといい!

血圧を下げるには体を柔らかくすると良いってご存知でしたか?なかなか血圧が下がらないと悩む方も多くいらっしゃると思います。もしかしたら、高血圧の原因が意外なところにあ...

座りっぱなしがダメな理由とは?

もし、あなたが高血圧で普段、座ることが多いというなら、気をつけた方がいいです。なぜなら、座りっぱなしは、健康に悪いからです。長時間、座っている事で血流が悪くなり、血...

冷え性がいけない理由?

女性の悩みで多いのが冷え性ですが、実は、最近では女性だけではなく、男性も増えいていると言われています。これは、生活習慣の乱れやストレス、運動不足など、人によって原因は様々で...

上と下の差が大きいと危険?

もしかして、あなたも血圧の上と下の差が大きいと心配されている方ですか?実は、ある一定以上差が開いてしまうと動脈硬化になっている可能性があるというのです。動脈硬化とは...

筋力トレーニングすべき?

高血圧の人が筋力トレーニングしても問題ないのでしょうか?よく血圧を下げる方法しては、ウォーキングなどの有酸素運動が勧められますが、結局、どちらが正しいのか疑問に思いますよね...

白衣高血圧症について!

白衣高血圧症って言葉を聞いたことはありませんか?これは・・・白衣を着た人の前で血圧を測ると数値が高くなるというものです。病院では、先生や看護師さんが...

肩こりは解消させた方がいい!

血圧を下げるには肩こりを解消させた方がいいってご存知でしたか?実は、高血圧の原因には肩こりが考えられるんですね。しかし、なぜ、肩こりになると血圧が高くなるのか?...

夜勤の人は注意?

夜勤がある仕事に就いている人は、高血圧になりやすいので、気をつけた方がいいです。仕事によっては、週に一回だけと言う人もいれば、夜勤がずっと続く場合もあるでしょう。夜...