血圧を下げる方法!TOP > 基礎知識 > 白衣高血圧症について!

白衣高血圧症について!


白衣高血圧の人

白衣高血圧症って言葉を聞いたことはありませんか?

これは・・・

白衣を着た人の前で血圧を測ると数値が高くなる

というものです。

病院では、先生や看護師さんが血圧を測ってくれるのですが、緊張のあまり、普段よりも血圧が高くなってしまうんですね。

高血圧の原因には、緊張があるので、これは仕方がないかもしれませんが、医師は血圧のデータを見て治療方針を決めていきます。

ただ、多少、血圧が高い程度では、生活習慣の見直しを行うように指導されますが、極端に血圧が高い場合、薬が処方されることがあります。

ちなみに、血圧の数値が 140/90mmHg未満であれば問題はありません。

これが、180/120mmHgになると検査をして病気などの原因がなければ、薬での治療が必要になってくるでしょう。


でも、なんで緊張すると血圧が高くなるのか疑問に思ったことはありませんか?

これは、自律神経の乱れと大きく関係があります。

自律神経には2つあるのですが・・・

交感神経 緊張している時
ストレスを受けている時
副交感神経 リラックスしている時
落ち着いている時


このような感じとなっていて、病院で血圧を測る時は、交感神経が優位になり、それで普段よりも高い数値が出てしまうとうことです。

もちろん、血圧が高い状態が良いわけではないので、何かしら対策をすべきです。


血圧が下がらない?と悩んでいるなら
たった1分ねころぶだけの対策
こちらを確認してみてください。



どんな対策をすればいいのか?


では、白衣高血圧はどのような対策を行いばいいのか?

それは・・・

日頃から血圧を測り、自分の数値を把握しておくこと!

これが大事です。

正しい血圧の測り方のページでも紹介していますが、測り方が悪いと正しい数値が出ませんし、1日の中でも血圧は変動します。

例えば、運動しても血圧は高くなりますし、ちょっと驚いたりしても高くなるんですね。

それに気温が低いだけでも、血圧は高くなりますので、夏と比べて冬は高くなると思ってください。

ですので、1日2回、朝と夜に血圧を測り、血圧手帳に記入して、自分の数値を把握することが大事です。

また、健康診断などで再検査が必要な場合、医師に血圧手帳を見せれば、この人は、普段の血圧は低く、白衣高血圧と判断して、しばらく様子をみるでしょう。


それに、毎日、血圧を測ることで健康意識を高めることもできます。


慢性的な高血圧にならない為には?


高血圧をそのまま放置してしまうと、最悪、突然死を起こすこともあります。

よくサイレントキラーなんて事をいいますが、健康に無関心の人は、注意した方がいいです。

健康診断で自分の血圧が高かったら、そのまま放置しないで何かしら対策をしましょう。

もし、慢性的な高血圧になってしまったら、生活習慣の改善だけでは、なかなか血圧が下がっていきません。

白衣高血圧で緊張して、たまたま血圧が高かったのか?

あるいは、慢性的に高血圧なのか?


これを知るには、家庭用の血圧計を買って、毎日記録することが大事です。

血圧を下げる方法もいろいろですが、基本的には、食生活の見直しと運動不足の解消ですので、思い当たることがあるなら改善していきましょう。

そして、なかなか血圧が下がらない人は、医師と相談しながら治療方針を決めるようにしてください。



筋力トレーニングをしても大丈夫? 肩こりは解消した方がいい?


短期間で血圧を下げる話題の方法!

高血圧はもう怖くない!
たった1分ねころぶだけで対策!!
わかりやすい映像を見ながらマネするだけ!
サイレントキラーの恐怖、不安な毎日から開放
降圧剤に頼らず、自力で高血圧対策。
やることは、「1分ねころぶ」だけ!
安心の「全額返金保証」付き

先ずは、お客様の声を見てみよう!

⇒高血圧で悩む方はコチラ!


関連記事


理想の数値

理想の血圧の数値ってご存知でしょうか?普段、あまり健康に関心ない方は、高血圧と聞いてもピンとこないかもしれませんね。会社の健康診断などで血圧が高いと知り驚かれる人も...

変動するもの?

血圧の数値が高かったり変動したりすると心配になってくると思います。もちろん、低い数値に越したことはないでしょう。ただ、高血圧の状態が続くなら、何かしら対策をしなけれ...

測定方法について!

こちらでは、正しい血圧の測り方について解説しています。手帳に数値を記録していれば、血圧の変化が一目瞭然です。健康管理のために毎日、血圧を測るようにしましょう。 ...

運動不足がいけない理由

血圧を下げる方法としては、運動不足を解消させることが重要なポイントになります。よくテレビなどでも・・・血圧を下げたければ運動するように・・・運動するなら、歩...

睡眠不足がダメな理由

血圧を下げる方法としては、睡眠不足を解消させるのが効果的です。高血圧で、生活習慣を改善している人も大勢いると思います。例えば、減塩や運動で対策される方が多いですが、...

口呼吸が原因?

血圧を下げるためには鼻呼吸が良いってご存知でしたか?血圧が高い方の中には、口呼吸になっている方がいるようです。普段、自分の呼吸なんて普段意識していない方がほとんどだ...

猫背がいけない理由とは?

高血圧の原因も色々ですが、実は、普段の姿勢も関係しています。特に猫背になっている人は注意してください。姿勢が悪く、いつも猫背になっている人は血圧が高い方も多い傾向に...

体を柔らかくするといい!

血圧を下げるには体を柔らかくすると良いってご存知でしたか?なかなか血圧が下がらないと悩む方も多くいらっしゃると思います。もしかしたら、高血圧の原因が意外なところにあ...

座りっぱなしがダメな理由とは?

もし、あなたが高血圧で普段、座ることが多いというなら、気をつけた方がいいです。なぜなら、座りっぱなしは、健康に悪いからです。長時間、座っている事で血流が悪くなり、血...

冷え性がいけない理由?

女性の悩みで多いのが冷え性ですが、実は、最近では女性だけではなく、男性も増えいていると言われています。これは、生活習慣の乱れやストレス、運動不足など、人によって原因は様々で...

上と下の差が大きいと危険?

もしかして、あなたも血圧の上と下の差が大きいと心配されている方ですか?実は、ある一定以上差が開いてしまうと動脈硬化になっている可能性があるというのです。動脈硬化とは...

筋力トレーニングすべき?

高血圧の人が筋力トレーニングしても問題ないのでしょうか?よく血圧を下げる方法しては、ウォーキングなどの有酸素運動が勧められますが、結局、どちらが正しいのか疑問に思いますよね...

白衣高血圧症について!

白衣高血圧症って言葉を聞いたことはありませんか?これは・・・白衣を着た人の前で血圧を測ると数値が高くなるというものです。病院では、先生や看護師さんが...

肩こりは解消させた方がいい!

血圧を下げるには肩こりを解消させた方がいいってご存知でしたか?実は、高血圧の原因には肩こりが考えられるんですね。しかし、なぜ、肩こりになると血圧が高くなるのか?...

夜勤の人は注意?

夜勤がある仕事に就いている人は、高血圧になりやすいので、気をつけた方がいいです。仕事によっては、週に一回だけと言う人もいれば、夜勤がずっと続く場合もあるでしょう。夜...