HOME-TOP > 対策 > ふくらはぎマッサージの効果は?

話題のふくらはぎマッサージとは?

 
血圧を下げる方法として、話題になったのが、ふくらはぎマッサージです。

著者の槙孝子氏による・・・

「長生きしたけりゃ ふくらはぎをもみなさい」



という本があるのですが、人気番組、金スマでも取り上げられ、ふくらはぎマッサージ効果を検証していました。

そして、竹内都さんやジャガー横田さんがチャレンジして、見事、高血圧改善に成功したんですね。

そこで、ここでは・・・

なぜ、ふくらはぎマッサージで血圧が下がるのか?

具体的なやり方について!


これらを解説しています。


高血圧で悩む方は、ぜひ参考にしてみてください。


なぜ、ふくらはぎマッサージで血圧が下がるのか?


ふくらはぎマッサージをしている画像

ふくらはぎマッサージで血圧が下がる理由ですが・・・

それは、血流が良くなるためです。

人間の血液って重力の影響で下半身に集中してしまいます。

例えば、長時間座っているような人や体をあまり使わない仕事をしている方は、血液が下半身に停滞していると思ってください。

もちろん、心臓から送り出した血液は、また、戻ってこないといけないわけですが、下半身に血液が停滞していると言う事は、その戻りも悪くなってしまいます。

その為、心臓は、圧力をかけてでも、血液を循環させようとします。

これが血圧が高くなって状態です。

そこで、ふくらはぎマッサージを行い、血液の循環を良くさせることが高血圧改善に繋がるということなんですね。

よく、ふくらはぎは「第2の心臓」なんて呼ばれ方をしますが、早い話、心臓に血を送り返すポンプの役割になります。

ですので、ここをマッサージしたり、鍛えるということは、血流が良くなり、その結果、血圧が下がっていくわけです。

ただし、高血圧の方が、正常な数値になるまでには、短期間で改善すると思わないでください。

毎日、ふくらはぎマッサージを続けないといけません。

効果には、個人差がありますが、金スマでは、竹内都さんやジャガー横田さんが、1ケ月継続して次のような数値になりました。

竹内さんの場合
上が156→129
下が 97→ 84

ジャガーさんの場合
上が148→106
下が 92→ 72

いずれも高血圧が改善された結果となったわけですね。


具体的やり方について


では、ふくらはぎマッサージの具体的なやり方について解説します。

ふくらはぎの内側サイド
先ず、くるぶしから膝の下の辺りまで・・・
両手の親指を重ね合わせてマッサージをする。
なるべく強い力で押すのがコツになります。


ふくらはぎの後ろ側
次に、アキレス腱から膝裏の辺りまでを強めにマッサージします。
この時も強い力で行うようにします。


ふくらはぎの外側サイド
外くるぶしから、また膝に向けてマッサージを行います。
2回程繰り返して押すようにマッサージしていきます。


膝裏
次に膝裏をマッサージします。
膝裏にはリンパ節があるので、そこを転がすように押します。
これを10回ぐらい行うと、リンパの流れが良くなっていきます。


アキレス腱
最後にアキレス腱をマッサージします。
指でアキレス腱を挟む感じでつまみます。
大体ふくらはぎの3分の1の部分まで揉むのを3回繰り返す。
アキレス腱はデリケートな部位なので、強くつまんではいけません。
また、自分でアレンジを加えたり、指の代わりにマッサージローラーを使うのもいいと思います。

特に効果的とされるのがカラダが温まっている時なので、お風呂上りに行う習慣をつけるといいと思います。

肝心なことは続けることですので、それは忘れないでください。

高血圧で悩んでいる人は、ぜひふくらはぎマッサージをチャレンジしてみましょう。

あわせて読みたい記事
効果的に血圧を下げる方法
かかと上げ運動で高血圧が改善!