血圧を下げる方法!TOP > 基礎知識 > 正しい測定方法について!

血圧の正しい測り方について!


血圧を測定しているが画像

こちらでは、正しい血圧の測り方について解説しています。

手帳に数値を記録していれば、血圧の変化が一目瞭然です。

健康管理のために毎日、血圧を測るようにしましょう。

中には、健康診断の時にしか測定しないと言う人もいるかもしれませんね。

病院などで計測すると、緊張するので、普段よりも高くなることが多いです。

また、血圧と言うのは、一日の中でも変動します

なので、家庭用の血圧計で、毎日測定すると、自分の健康管理に役立つわけですね。

もちろん、正しい方法で計測しないと意味がありません。

そこで、ここでは・・・

  • 血圧計の種類について!

  • 血圧の測り方と注意すること!

  • 血圧計・その他の疑問?



これらを解説していますので参考にしてみてください。


高血圧・危険度チェック


血圧計の種類について!


血圧計と言っても、いくつか種類があります。こちらでは、市販されている家庭用の物を紹介します。

具体的には・・・

・アームイン型
・腕帯巻きつけ型
・手首式血圧計


これらのタイプがあります。


アームイン型


アームイン型

アームイン型は、腕を固定させて測定する血圧計になります。しっかり固定されるので、より正確に血圧を測ることができるのが特徴です。形は大きいですが、正確な数値を計測したい人は、アームイン型をお勧めします。


腕帯巻きつけ型


腕帯巻きつけ型<

一般的には、腕に巻くこの手のタイプを物をイメージする方が多いと思います。腕帯巻きつけ型は、家庭でよく使われるタイプのもので、カフ(腕帯)を腕に巻き付けて計測します。心臓の高さと同じ位置で測らないと正確な数値がでません。


手首式血圧計


手首式血圧計

手首式は、名の通り、手首に巻くタイプの血圧になります。小さくて持ち運に便利なのですが、測る位置によっては数値が乱れてしまうので、必ず同じ位置で測るようにしましょう。


血圧の測り方と注意すること!


家庭で血圧を測る時ですが、いくつか注意することもあります。

具体的には以下の手順で測るようにします。

・朝は起きてから食前1時間以内に測る
・夜は寝る前に測る
・心臓と二の腕が同じ高さで測る
・腕に巻くカフの強さは指が2本はいる程度
・測る前2〜3分は動かずリラックスする
・血圧手帳に記録する


などこれらです。


朝は起きてから食前1時間以内に測る


基本的に血圧は毎日、同じ時間帯に測ることが大切です。朝起きたら初めに血圧を測る習慣をつけるようにするといいと思います。


夜は寝る前に測る


血圧測定は、なるべく1日に2回測るようにして、1回目は朝、2回目は就寝前に測るようにしましょう。


心臓と二の腕が同じ高さで測る


血圧計の取り扱い説明書には、「心臓と二の腕が同じ高さで測る」とあるので、正しい数値を計測するためにも守るようにしましょう。


腕に巻くカフの強さは指が2本はいる程度


腕帯巻きつけ型タイプの血圧計は、カフを腕に巻くのですが、強すぎても弱すぎてもいけません。指2本入る程度が丁度いと覚えておきましょう。


測る前2〜3分は動かずリラックスする


血圧はちょっとしたことで高くなるので、しばらく椅子に座り、2〜3分ぐらいリラックスした状態で測るといいです。体を動かした直後では、正確な数値はでないので必ず、心が落ち着き安定した状態で行ってください。


血圧手帳に記録する


血圧測定をしたら、手帳に記録するようにしましょう。数値を記入することで自分の血圧が高くなっていないかが確認できます。また、治療を受ける場合、手帳に記録してあれば、それがデータとなるので医師の診断にも役立ちます。

血圧手帳がない人はネットでも色々と印刷できる物があるので、それらを利用してもいいです。ちなみにオムロンのホームページに血圧記録表があります。リンクしておきますので印刷して使いましょう。

⇒オムロンから血圧記録表

あわせて読みたい記事
理想の数値について!
なぜ血圧は変動するのか?


血圧計・その他の疑問?


血圧計の疑問

毎日、計測する血圧計ですが、色々と疑問に思うこともあるでしょう。みんなが気になるであろう疑問を紹介していますので参考にしてください。


血圧計ってどれぐらいもつの?


そもそも、家庭用の血圧計ってどれぐらいもつものなのか気になりますよね。一般的ですが、大事に使えば、10年ぐらいは持つと言われています。

ですが、腕に巻くカフ(圧迫帯)には寿命があります。これは、消耗品と考えた方がいいでしょう。各メーカーによって異なりますが、目安としては、2〜4年ぐらいと考えた方がいいかもしれません。


血圧計が正確に測定されているかどうか?


血圧が高かったり、低かったりすると血圧計が壊れていないか疑問に思うこともあるでしょう。正確に測定されなければ意味がありませんからね。

メーカーに修理に出す方法もありますが、病院によっては、血圧計が正常かどうかを確認してくれますので、心配な人は、相談してみるといいです。


血圧計を処分する時は?


血圧計が壊れた場合、処分するにはどんな方法があるのか?一般的には、家庭用の燃えないゴミで問題はないようです。ただし、自治体によっても違うので、必ず、ルールを守ってください。他の方法としては、不用品回収業者に依頼することも可能ですがお金がかかります。


まとめ


こちらでは、血圧の正しい測り方を解説しました。

特に30代や40代の若い人は、健康診断の結果だけを見て驚かれる人が多いようです。

より正確に測定するためには、普段から血圧を測ることが重要です。

ちょっとしたことでも、血圧は変動してしまいます。

自分の健康を管理する為に血圧を測定する習慣をつけるようにしましょう!



血圧が変動する原因は? 運動不足を解消させるといい?



高血圧・危険度チェック



関連記事


理想の数値

理想の血圧の数値ってご存知でしょうか?普段、あまり健康に関心ない方は、高血圧と聞いてもピンとこないかもしれませんね。会社の健康診断などで血圧が高いと知り驚かれる人も...

変動するもの?

血圧の数値が高かったり変動したりすると心配になってくると思います。もちろん、低い数値に越したことはないでしょう。ただ、高血圧の状態が続くなら、何かしら対策をしなけれ...

測定方法について!

こちらでは、正しい血圧の測り方について解説しています。手帳に数値を記録していれば、血圧の変化が一目瞭然です。健康管理のために毎日、血圧を測るようにしましょう。 ...

運動不足がいけない理由

血圧を下げる方法としては、運動不足を解消させることが重要なポイントになります。よくテレビなどでも・・・血圧を下げたければ運動するように・・・運動するなら、歩...

睡眠不足がダメな理由

血圧を下げる方法としては、睡眠不足を解消させるのが効果的です。高血圧で、生活習慣を改善している人も大勢いると思います。例えば、減塩や運動で対策される方が多いですが、...

口呼吸が原因?

血圧を下げるためには鼻呼吸が良いってご存知でしたか?血圧が高い方の中には、口呼吸になっている方がいるようです。普段、自分の呼吸なんて普段意識していない方がほとんどだ...

猫背がいけない理由とは?

高血圧の原因も色々ですが、実は、普段の姿勢も関係しています。特に猫背になっている人は注意してください。姿勢が悪く、いつも猫背になっている人は血圧が高い方も多い傾向に...

体を柔らかくするといい!

血圧を下げるには体を柔らかくすると良いってご存知でしたか?なかなか血圧が下がらないと悩む方も多くいらっしゃると思います。もしかしたら、高血圧の原因が意外なところにあ...

座りっぱなしがダメな理由とは?

もし、あなたが高血圧で普段、座ることが多いというなら、気をつけた方がいいです。なぜなら、座りっぱなしは、健康に悪いからです。長時間、座っている事で血流が悪くなり、血...

冷え性がいけない理由?

女性の悩みで多いのが冷え性ですが、実は、最近では女性だけではなく、男性も増えいていると言われています。これは、生活習慣の乱れやストレス、運動不足など、人によって原因は様々で...

上と下の差が大きいと危険?

もしかして、あなたも血圧の上と下の差が大きいと心配されている方ですか?実は、ある一定以上差が開いてしまうと動脈硬化になっている可能性があるというのです。動脈硬化とは...

筋力トレーニングすべき?

高血圧の人が筋力トレーニングしても問題ないのでしょうか?よく血圧を下げる方法しては、ウォーキングなどの有酸素運動が勧められますが、結局、どちらが正しいのか疑問に思いますよね...

白衣高血圧症について!

白衣高血圧症って言葉を聞いたことはありませんか?これは・・・白衣を着た人の前で血圧を測ると数値が高くなるというものです。病院では、先生や看護師さんが...

肩こりは解消させた方がいい!

血圧を下げるには肩こりを解消させた方がいいってご存知でしたか?実は、高血圧の原因には肩こりが考えられるんですね。しかし、なぜ、肩こりになると血圧が高くなるのか?...

夜勤の人は注意?

夜勤がある仕事に就いている人は、高血圧になりやすいので、気をつけた方がいいです。仕事によっては、週に一回だけと言う人もいれば、夜勤がずっと続く場合もあるでしょう。夜...