HOME-TOP > 食生活 > 高血圧の人は味噌汁を飲まない方がいい?

味噌汁って飲んでも大丈夫なのか?

 
味噌汁の画像

高血圧の人は塩分の摂り過ぎを気にする方が多く、味噌汁を悪いイメージにとらえている傾向にあります。

ですが、実際は、そうとも限らないようです。

確かに必要以上に味噌を入れてしまえば、塩分の摂り過ぎになってしまいますが、そうでなければ問題はありません。

味噌汁一杯に含まれる塩分量は、2〜3gと思っている人もいて、1日に三食飲んでしまったら塩分の摂り過ぎと思われるかもしれません。

ですが、実際は、味噌汁一杯に含まれる塩分量は1〜1.3g程度となっています。

日本高血圧学会では、「みそ汁の塩分は血圧に影響しない」と研究成果が発表されました。

ここでは、味噌汁の健康効果について解説します。

普段、塩分を気にして味噌汁を飲まない人は、ぜひ参考にしてください。


味噌汁のメリットについて!


では、味噌汁にはどんなメリットがあるのか?

これには、様々な効果が期待されています。

高血圧に関しては・・・

塩分の吸収を抑制する

カリウムの利尿作用がある

血管年齢を若返らせ血圧を下げる

などがあります。

先ず、塩分の吸収を抑制するですが、味噌で塩分を摂取するのと塩分をそのまま摂る時に比べて「血圧の上昇」が30%弱くなり、味噌汁の塩分による血圧上昇を抑制する事ができると言われています。

それにカリウムも含まれているので、余分な塩分を排出させます。

また、味噌汁に入れる野菜などの具にもカリウムは入っていますし、アルギン酸の値が多いとされる昆布で出汁を取れば塩分排出効果がより期待できます。

あと、味噌には抗酸化作用が期待できますので、血管年齢を若返らる効果も期待できると言われています。

健康を維持させるためには、血管の状態を良くさせることは必要不可欠です。

味噌は健康に良いことが分かってきましたので、味噌汁を飲む習慣を取り入れてください。


八丁味噌の健康パワーについて!


味噌にも種類がありますが、どうせなら八丁味噌にするのもいいかもしれません。

高血圧とは、直接関係ありませんが、八丁味噌を摂り入れると長生きすると言われています。

愛知県では、味噌カツ、味噌煮込みうどんなど様々な料理で八丁味噌を使うのですが、なんと、都道府県ご長寿ランキングでは男性1位、女性3位なんだそうです。

そんなに味噌ばかり摂り入れて健康には悪いのでは?と思われがちですが、実際は違うようです。

なぜ、八丁味噌が健康にいいのか?

それは・・・

八丁味噌には抗酸化作用が他の味噌よりも効果があるため!

八丁味噌は、長期間熟成することでメラノイジンと呼ばれる褐色の色素を多く含むのですが、強い抗酸化力が実証されています。

実は、このメラノイジンに秘密が隠されています。

メラノイジンは、血中コレステロールを低下させるので、糖尿病になりにくい体になると言うのです。

八丁味噌をお求めの方はコチラ!

つまり、糖尿病の予防になるということなんですね。

ですので、高血圧の人や健康維持を考えている人は、毎日の料理や味噌汁に八丁味噌を使ってみてはいかがでしょうか?