HOME-TOP > 基礎知識 > 体が硬い人は血圧が高くなりやすい?

体が硬くなっていませんか?

 
体が柔らかい女性
血圧を下げる方法について具体的に説明しています!


なかなか血圧が下がらないと悩む方も多くいらっしゃると思います。

もしかしたら、高血圧の原因が意外なところにあるかもしれません。

それは何かというと、体が硬くなっていることです。

ご存じない方も多いですが、体が硬くなると血圧は高くなってしまいます。

そこで、こちらでは・・・

体が硬くなると血圧が高くなる理由について!

体を柔軟にさせるにはどうすればいいか?
これらについて解説していますので、体が硬くて血圧が高いような人は、参考にしてみてください。


体が硬くなると血圧が高くなる理由について!


先ず、体が硬いと言う事は、体の柔軟性が低下していると言う事になります。

これは、加齢によっても起こる現象ですが、若い方でも、体を使わなくなると、筋力が低下して体が硬くなってしまんですね。

その状態を放置してしまえば、高血圧の他にも、頭痛や冷え性、不眠や胃痛、頻尿など症状に悩まされることにもなります。

では、なぜ体が硬くなると血圧が高くなるのか?

その理由ですが・・・

体が硬くなると言う事は、可動域が狭く、筋肉も硬くなっている証拠です。

硬い筋肉は、血管を圧迫してしまいますので、血流が悪くなってしまいます。

生きていくためには血液を送らなければいけませんよね。

それで無理してでも血液を流すため、それで血圧が高くなってしまうと言う事です。

また、血液の流れが悪くなると言う事は、細胞に栄養が届きづらくなりますし、老廃物も体に溜まりがちになります。

それが続けば老化が進むことになるので、体が硬いという事は、健康とは真逆になってしまう事になります。


体を柔軟にさせるにはどうすればいいか?


体が硬い状態では、血圧も高くなり不健康になってしまいます。

簡単な対策としては、ストレッチマッサージヨガ開脚などを行い、体を柔軟にさせればいいわけですね。

力士の画像

よく、力士の方は、太っているけど血圧は低いと言います。

お相撲さんの場合、ケガを防ぐために股割りなどを行い体を柔軟にしているからなんですね。

もちろん、太っていたり、メタボというのは、高血圧の原因になります。

ですが・・・

体を柔軟にすることで血圧を下げることもできるわけですね。

お相撲さんみたいに、完璧な股割りを行う必要はありませんが、体を柔軟にさせるためにも、マッサージやストレッチを行うことは大事なポイントになります。

また、今では、ディスクワークなどの仕事で座りっぱなしの人も多くいるのですが、体が硬くなる原因には、同じ姿勢でいることが挙げられます。

ですので・・・

同じ姿勢が続くような人は、30分に一度ぐらいは、マッサージやストレッチやマッサージを行い、体を動かすようにしてください。
自宅にいる時は、お風呂上りや寝る前など、リラックスしている時に柔軟体操を行うのもお勧めです。

体が硬くなるという事は、老化が進むので、どうしても不健康です。

血圧を下げる為にも、体を柔らかくすることを意識しましょう。

あわせて読みたい記事
冷え性の人は高血圧になりやすい?
味噌汁は飲んだ方がいい?
血圧を下げるツボがある?