HOME・TOP > 血圧の基礎知識 > 運動不足を解消させるといい!

運動不足がいけない理由がある?


血圧を下げる方法・運動不足を解消させる

血圧を下げる方法としては、運動不足を解消させることが重要なポイントになります。

よくテレビなどでも・・・

血圧を下げたければ運動するように・・・

運動するなら、歩くのがいい・・・


こんなセリフってよく聞きますよね。

実は、これには大きな理由があります。

ここでは・・・
運動不足を解消すると血圧が下がる理由について!

やった方がいい運動・やってはいけない運動とは?
これらについて解説しています。

普段、あまり運動していない人は参考にしてみてください。


運動不足を解消すると血圧が下がる理由について!


運動をすれば、一時的に血圧は高くなります。

しかし、その後は次第に下がりはじめるんですね。

そして、日頃から運動を行うと血圧の数値が安定してくると言われています。

なぜ運動で血圧が下がるのか?

その理由は、主に3つ挙げれます。

日頃から運動を行うことで・・・

  • 血流が改善されて尿と一緒にナトリウムが排出される

  • 血管が柔らかくなり動脈硬化を防ぐことができる

  • 自律神経の乱れを整える働きがある

これらのことがあります。


血流が改善されて尿と一緒にナトリウムが排出される


運動を行い、酸素を多く取り入れると、心臓から送り出される血液が増えます。

もちろん、一時的に血圧は上がります。

ただ、運動する事で血流が体全体に行き渡り血管は広がります。

すると、その後は、血液の循環が良くなり血流が改善されます。

また、ナトリウムは尿と一緒に排出します。

その結果、血圧が下がるという仕組みになっているんですね。


血管が柔らかくなり動脈硬化を防ぐことができる


血管を柔らかくすることは健康に良いと言われていますよね。

運動不足の状態が続くと血管は固くなり、動脈硬化が進行します。

血管も筋肉で出来ているので、体を動かさないと固くなってしまうんですね。

健康な人の血管は、柔らかく伸び縮みします。

ところが、運動不足の人の血管は、固く、血管事態が細くなってしまいます。

そうなれば、血液を循環させるために血流の勢いが必要になります。

なので血圧を高くさせなければなりません。

これこそが高血圧の状態となります。

運動を行い柔らかい血管を保たなければいけません。


自律神経の乱れを整える働きがある


自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

運動不足が続く人は、そのバランスが悪いと思ってください。

血圧が高い人の場合、交換神経が活発になっています。

そこで、有酸素運動を行うどうなるのか?

運動中は交感神経が働き血圧も高くなります。

しかし、その後は、副交感神経が優位になることがわかっています。

普段から運動を行い、自律神経のバランスが整えば血圧は下がっていきます。

・・・・

このように運動と血圧は大きく関係しています。

もちろん、運動不足は健康には悪い事だらけです。

それに体を使わない人は、肥満にもなりやすくなります。

実は、この肥満も血圧が高くなる要因の一つして考えられいるんですね。

ですので、血圧が高い人は、食生活の見直しに加え、運動を行ってください。

あわせて読みたい記事
体を柔らかくするといい?
かかと上げ運動の効果は?


やった方がいい運動・やってはいけない運動とは?


やった方がいいのはどんな運動なのか?

それは、酸素を多く取り入れる有酸素運動になります。

例えば、ウォーキングや軽めのジョギング、水泳、自転車など。

お勧めするおは、ウォーキングです。

その理由は、誰でも手軽にできて続けやすく無理なくできる運動だからです。


では、やってはいけない運動とはなにか?

それは、有酸素運動とは逆の無酸素運動です。

具体的には・・・

重いダンベルを使った筋トレや腹筋や背筋など、力を加える運動です。

重度の高血圧患者の方が行うと、そのまま倒れてしまう危険もあります。

どうしても無酸素運動を行いたい場合は、医師に相談するようにしてください。


血圧を下げたい場合は、有酸素運動を一日30分から60分がぐらい行うといいでしょう。

一日に数回に分けて行っても構いませんが、大事なことは続けることです。

気合をいれすぎると長続きしませんので、はじめは短い時間から行うといいかもしれません。

血圧を下げる方法も色々ですが、高血圧の人は、運動をする習慣をつけるようにしましょう。