血圧を下げる方法!即効性があるやり方TOP > 食生活 > 酢キャベツの効果は?

酢キャベツを食べると血圧が下がる?

キャベツの千切り

高血圧が気になる方は酢キャベツを食べるといいです。

お酢の効果に加え、キャベツはビタミンC、カリウム、カルシウム、ビタミンKなどを多く含む食材でカロリーも低いです。

高血圧を気にされる方はもちろんのこと、他にも様々な効果が期待できるので毎日の食事に摂り入れるといいと思います。

そこで、ここでは・・・
酢キャベツの効果について!

作り方について!

疑問や注意すること!
これらをお伝えしていますのでぜひ参考にしてみてください。


酢キャベツの効果について!


お酢にはアデノシンといって血管を拡張し、血液の流れを良くする成分があり、血圧を下げる効果が認められています。

酢キャベツにすることで無理なくお酢を摂取しやすくなるので血圧が高い人は食事の時に一緒に摂取して高血圧の予防と改善に努めてください。

また、酢キャベツは血圧の他にも様々な効果が期待されます。


ダイエット効果


キャベツには食物繊維も多く、よく噛むことで少しの量でも満腹感を得られダイエット効果が期待できます。

100gのキャベツを摂取したとしてもたった23kcalですので肥満で悩んでいる人は安心して食べれる食材です。

そして、お酢に含まれる酢酸は、血中の余分な脂肪や内臓脂肪を減らす働きがあるのでダイエットに効果的となっています。


便秘解消効果!


キャベツには不溶性食物繊維が多く含まれていて便秘解消効果に期待できます。

一緒に水分を多く摂取することでキャベツに含まれる不溶性食物繊維は水分を含んでふくらみ、便の量が増えます。

すると腸壁を刺激しますので、腸の蠕動運動を促して便秘が解消になるということです。


美容・美肌効果


キャベツにはビタミンCが多く含まれていて、メラニン色素の抑制を抑える働きもあり、シミやにニキビなど肌トラブルの予防になります。

また、普段からビタミンCを摂取することで肌にハリや弾力をもたらすので美肌効果にも期待できます。


酢キャベツの作り方について


作り方は簡単ですのでご自宅で試してください。
●用意するもの!

キャベツ 1/2個

塩 小さじ2  ※血圧が気になる方は塩なしで!

お酢 200ml

ジップロック ※ビニール袋で代用可能!


●作り方

キャベツを千切りにしてジップロックにキャベツとお酢、塩を入れて軽く揉む。

冷蔵庫で半日置けば出来上がり!

疑問や注意すること!


高血圧の予防と改善、ダイエットや健康など良いことだらけの酢キャベツ!

いろいろと疑問に思うことや注意することなどを紹介したいと思います。


どんなお酢を使えばいいの?


お酢といっても、米酢、穀物酢、黒酢やリンゴ酢などいろいろありますが、基本的にどんなものでも構いません。

ですが、高血圧が気にあるなら黒酢を使うと言いです。

なぜなら黒酢は他の酢と比べてもアデノシンの効果が優れているからです。


食べる量はどのぐらいがいい?


食べる量ですが、1度に100gを目安に食べるといいと思います。

但し、食べ過ぎてしまうと胃腸が荒れたり、不溶性の食物繊維の摂り過ぎで逆に便秘になることもあるので注意してください。


酢キャベツの保存期間は?


明確は保存期間はありませんが、作ってから2週間以内に食べるようにしましょう。

また、ジップロックに残ったお酢は水で薄めて飲んでもいいですし、ドレッシングや他の料理に使う事も出来ます。


続けることが大事!


高血圧の予防や改善、また、ダイエットや健康・美容などの効果を期待して酢キャベツを食べるのであれば続けることが大事です。

血圧に関しても酢を摂取している時は数値も下がりますが、止めてしまえば元に戻ってしまいます。

毎食100g食べるのは難しいと言う方は、50gでもいいので酢キャベツを食べるようにしてみてはいかがでしょうか?

関連記事
塩分は控えた方がいい?