血圧を下げる方法!即効性があるやり方TOP > 対策 > タオル握り・ハンドグリップについて

血圧を下げるにはタオル握りのハンドグリップがいいって本当?

血圧を下げる方法・ハンドグリップ

血圧を下げる方法も様々ですが、こちらでは「ハンドグリップ」について解説します。

タオルを握るハンドグリップと言う方法は、以前、NHKの人気番組、ためしてガッテンで放送されたやり方になります。

タオルを1本使っただけで、血圧が下がるという画期的な方法です。

番組では、4週間続けて、7人中6人の血圧が約10%下がりました。

ですので、かなりの高い確率で血圧が下がることがわかります。

血圧を下げる方法と言えば、一般的には、食事の見直しや運動不足を解消させることが大事ですよね。

おそらくみなさんも、高血圧改善のために色々と苦労されていると思います。

しかし、ハンドグリップは、タオルを握るだけ!!

なので、至って簡単な方法になります。

特にきつい事をやるわけでもありませんし、運動が苦手と言う方にはもってこいの方法!。

タオルが1本あれば、できますので、空いている時間やテレビを見ている時でも行うことが可能です。

100% 必ず、血圧が下がるわけではありませんが、普段から高血圧が心配と言う方は、この方法を取り入れてみてもいいと思います。


タオルを握ると血圧が下がる理由とは?


血圧を下げる方法・タオル握り

そもそも、なんでタオルを握っただけで血圧が下がるのか?

その理由ですが・・・

NO(一酸化窒素)が作られて、血管に良い影響を与えるため!

このように考えられています。
NO(一酸化窒素)とは血管を若返らせる物質

ハンドグリップでは、タオルを一定時間、握るのですが、握り終えた時に、体内(血管の内皮)でNOは作られます。

NOの効果としては、血管を広げて、柔らかくしますので、血流が改善されます。

その結果、血圧が下がると言う事だったんですね。

他にも、血管内のコレステロール体積や血栓の発生を抑える効果も期待できると言われていますので、健康にも良いことが分かっています。


ハンドグリップにやり方について!


では、ハンドグリップのやり方を説明しましょう。
◆準備・・・タオル1本

タオルを丸めるのですが、握った時に指がつかない大きさにします。


◆やり方

タオルを握るのですが、30%程度の力で握ります。

右手 2分握る⇒1分休み⇒2分握る

左手 2分握る⇒1分休み⇒2分握る

これが1セットです。

1日に、3セットぐらいを目安に行いましょう。

ポイントは30%程度の力を維持させるところです。

はじめてタオルグリップを行う時は、力が入り過ぎてしまうので気をつけてください。

タオル握りをやめるとなんとなく腕がジンジンしてきます。

これこそがNO(一酸化窒素)が出ているサインです。


ハンドグリップが面倒な人は?


毎回、タオルを丸めるのが面倒と言う人もいると思います。

そんな人は、丸めたタオルをひもで縛っておくといいです。

それをテーブルにでも置いて、テレビを見ながらでも行ってみましょう。

その際、テレビに集中してしまうと何分握ったか分かりませんので、タイマーを用意するといいです。


ハンドグリップのデメリットは?


血圧を下げるためにハンドグリップを行うわけですが、デメリットもあります。

それは、止めれば、また戻ってしまうと言う事です。

つまり、続ける必要があるわけですね。

それに効果を実感するまでにある程度の期間がかかります。

早い人では2週間ぐらいですが、番組では、4週間行っていました。

また、注意する事としては・・・

重度の高血圧(180mmHg/110mmHg以上)の方は必ず医師と相談の上で行うようにと番組では放送されていましたので、該当する方は気をつけてください。


ちなみに・・・

最近では、このNO(一酸化窒素)が注目されていています。

今回は、タオル握りでNOを発生させたわけですが、他の方法もあります。

例えば、腕や足などを手で直接、握ったりすることでも実はNOは発生します。

その他にも、ややきつめのウォーキング、つま先立ち運動など色々とNOが作られます。

ですので、血管を柔軟にさせて血圧を下げるためにも、タオル握りに加え、日頃から体に刺激を与えたり、動かすようにしましょう。

意識して続けることで、血圧は下がる可能性はありますし、健康的な体になっていくはずです。

関連記事
自力で血圧を下げる方法とは?